トップページ

パスパ文字('Phags-pa script)を知る

(18)チベットのパスパ文字
チベットでは、パスパ文字は単にモンゴル時代の文字ではなく、近代においても 用いられました。それは、パスパ文字がもともとチベット文字の字形に近いことから、 チベット人にとっては、「パスパ文字」=「縦書きのチベット文字」という感覚があるから なのかも知れません。現在でもチベット仏教(=ラマ教)の寺院を訪れると、 パスパ文字を目にすることができます。



この写真についての詳細は、こちら

このほか、近代のチベットでは紙幣や印鑑にパスパ文字が用いられました。
紙幣や印鑑の実物は、こちら



(1)パスパ文字の実例(貨幣銘文)

(2)いつ誰が作ったのか?

(3)パスパ文字の背景

(4)基本資料『元史』の釈老伝

(5)なぜパスパ文字を作ったのか?

(6)日本のパスパ文字資料

(7)パスパ文字という名称

(8)パスパ文字以前の文字

(9)パスパ文字で何語を書いたか?

(10)パスパ文字モンゴル語とパスパ文字漢語の碑文

(11)パスパ文字の用途

(12)パスパ文字の使用地域

(13)パスパ文字の文字表

(14)綴り方の特徴

(15)書写の方向

(16)パスパ文字を読む

(17)基本参考文献

(18)チベットのパスパ文字


トップページに戻る