トップページ

パスパ文字('Phags-pa script)を知る

(12)パスパ文字の使用地域

 モンゴルの人たちの帝国は西に広がっていたわけですが、西方の各ハン国でも パスパ文字は使われたのでしょうか。

 まずチャガタイ=ハン国の公文書にパスパ文字の印鑑を押したものがあります。 これはパスパ文字で書かれたトルコ語の印鑑です。それ以外にどのようなものが あるか知らないのですが、いずれにしても資料の分量はフビライの元に比して僅かです。

 なお、写真のように、各ハン国では貨幣を発行しているのですが、アラビア文字か ウイグル文字で記されており、パスパ文字のものはありません。ウイグル文字や アラビア文字が通行しているモンゴル帝国の西の方面に住む人々にとって、漢字に 似たパスパ文字が何ほどの威力をもっていたかは不明です。

イルハン国第4代アルグン発行銀貨 ウイグル文字モンゴル語


キプチャクハン国ジャニ・ベグ発行銀貨 中央にウイグル文字、周囲にアラビア文字



(1)パスパ文字の実例(貨幣銘文)

(2)いつ誰が作ったのか?

(3)パスパ文字の背景

(4)基本資料『元史』の釈老伝

(5)なぜパスパ文字を作ったのか?

(6)日本のパスパ文字資料

(7)パスパ文字という名称

(8)パスパ文字以前の文字

(9)パスパ文字で何語を書いたか?

(10)パスパ文字モンゴル語とパスパ文字漢語の碑文

(11)パスパ文字の用途

(12)パスパ文字の使用地域

(13)パスパ文字の文字表

(14)綴り方の特徴

(15)書写の方向

(16)パスパ文字を読む

(17)基本参考文献

(18)チベットのパスパ文字


トップページに戻る