トップページ

パスパ文字('Phags-pa script)を知る

(11)パスパ文字の用途

 文字創製の当初の意図とは別に、実際にどのような使われ方をしたかという問題があります。 『元史』によると「自今以往、璽書の発布するものみな蒙古新字を用い、かさねて各々その 国字をもつてこれにそえよ」とあります。これは「璽書」すなわちカーンの詔勅はパスパ文字 (蒙古新字)で書き併せてそれぞれの民族の文字で書いたものを副書として添付せよという 内容です。これによれば、パスパ文字の第一の用途は、カーンの勅書を記すことであったと 言えるかも知れません。[未完]



(1)パスパ文字の実例(貨幣銘文)

(2)いつ誰が作ったのか?

(3)パスパ文字の背景

(4)基本資料『元史』の釈老伝

(5)なぜパスパ文字を作ったのか?

(6)日本のパスパ文字資料

(7)パスパ文字という名称

(8)パスパ文字以前の文字

(9)パスパ文字で何語を書いたか?

(10)パスパ文字モンゴル語とパスパ文字漢語の碑文

(11)パスパ文字の用途

(12)パスパ文字の使用地域

(13)パスパ文字の文字表

(14)綴り方の特徴

(15)書写の方向

(16)パスパ文字を読む

(17)基本参考文献

(18)チベットのパスパ文字

トップページに戻る