トップページ漢字>大秦景教流行中国碑拓本

資料名大秦景教流行中国碑拓本
資料記号yz2p01
文字/言語漢字・シリア文字/漢語・シリア語
材質/形態紙/拓本(裏打ち)
行数/字数正面:碑額3行各行3字。正文32行各行62字
大きさ正面:碑額:縦49cm、横33cm。
碑身:縦187cm、横(上)89.5cm/横(下)94.5cm。
右側面:縦138.5cm、横(上)24.5cm/横(下)25.5cm。
管理/所蔵古代文字資料館/個人蔵
 大秦景教流行中国碑の拓本。碑石は西安の碑林に現存する。 唐徳宗の建中二年(781)建立。景淨撰、呂秀厳正書。 景教(キリスト教ネストリウス派)の教義と中国における布教の状況が記されている。
 刻字は正面と左右の側面の三箇所にある。本拓本は正面と側面(右)のみ。 京都大学人文科学研究所の拓本中に側面(左)が有り、側面(右)が無い故、互いに補完し得る。
 正面の左端一行と右端一行、及び最下部にシリア文字シリア語がある。 左右の側面にもシリア文字と漢字により人名が刻されている。
 なお、側面(右)の下半分に隷書で「民国六年二月・・・李根源題」とあるが、 これは民国六年(1917年)に碑林を訪れた李根源という人物が題記を刻したもの。




以上が正面

   
側面(右)。右2列は正面の左右にあるシリア語部分の拡大。


側面のシリア語部分の拡大、