トップページラテン文字>ヴェラム2

資料名ヴェラム2
資料記号l2y02
文字/言語ラテン文字/ラテン語
材質/形態ヴェラム断片
重さ**g
大きさ縦26mm、横136mm
管理/所蔵古代文字資料館/個人蔵
フランス、ブルゴーニュ、シトー修道院、1150年頃。 ヴェラムにシトー修道会のロマネスク体文字で書かれたラテン語文書。 1098年のシトー修道会設立からわずか半世紀後に書かれたもの。 リヨンのフロルスによる『シトー修道会の本山であるブルゴーニュのシトー修道会におけるパウロの書簡の解説』という中世教父写本の一部である。 この修道会には1112年に修練士として入門したクレアボーの聖ベルナールがいた。 シトー修道会の写本は、羊皮紙の品質、注意深く書かれた文字、各ページのレイアウトなど、絵画的美しさが高く評価されている。 12世紀中葉のシトー修道会装飾写本は現在では非常に貴重になっている。(解説は『文字遺産集成』による)