トップページギリシア文字>フィリッポスⅡ世貨幣

資料吊フィリッポスⅡ世貨幣
資料記号g2k03
文字/言語ギリシア文字/ギリシア語
材質/形態銀/円形コイン(打刻)
重さ14.4g
大きさ径23.26mm、厚さ5.15mm
管理/所蔵古代文字資料館/個人蔵
 マケドニアのフィリッポスⅡ世(359-336 B.C.)の4ドラクマ銀貨。 表(左側)は月桂冠を戴いたゼウス像、裏(右側)はなつめ椰子を手に持った騎馬像とされる。 裏の左上と右にそれぞれギリシア文字ギリシア語の銘文がある。 貨幣の内側から外に向いた位置に立ち左から右に読む。 左上ににΦΙΛΙΠとあり右にΠΟΥとある。 これはΦΙΛΙΠΠΟΥ (Philippou)“フィリッポスの”という王吊(属格)を表す。 このように貨幣銘文に王吊の属格を用いる仕方は、息子のアレクサンドロスⅢ世(大王)に受け継がれ、王の東征とともに東方世界に広がった。 なお、裏にある馬体には斜めに銀貨の真偽を確かめたテストカット(test cut)が見られる。






?